CAのスタートラインに立つ

私は幼い頃からCAという職種に憧れていました。大学入学時からホテルでのアルバイトを経験し、接客のお仕事に魅力を感じ、また実際に働いているCAさん達のお姿を拝見し、私もあんな素敵な女性になりたいと思うようになりました。しかし、大学三年生になり就職活動をいざ前にすると、何をしていいのか、どうすればなれるのか全く分かりませんでした。そんな時ゼミの先生に「元JAL国際線CAの素晴らしい先生がいるから、一度お話を聞いてみたら」と言われました。普段取りかかりが遅い私ですが、あのときの私はいつもと違って気付いたらみえこ先生にコンタクトを取っていました。
そして、緊張の気持ち一杯で参加した初めてのサンデー塾では、今まで知らなかった航空業界のこと、CAのお仕事の魅力など私は目を輝かせながら先生や先輩方のお話を聞いていました。内定した先輩方のお話はとても為になると同時に、今の自分に足りていないところを確認する事が出来ました。そして、より一層CAという仕事に魅力を感じ、私も絶対にCAになる!と、強く思いました。

レッスンでは立ち居振る舞い、面接対策など基礎から徹底的にご指導していただきました。面接対策では、周りの仲間がスラスラと、自分の考えを上手にまとめて自信を持って言っている姿を見て、焦り、自信を無くした時期もありました。が、そんなときみえこ先生は優しくも厳しくご指導して下さいました。「伝えようとしていることは間違っていないから、あなたらしく笑顔で、自信を持って」と言って頂き、励みになりました。それからは毎日のルーティンにもよりまじめに取りくみ、特に面接ノートや企業研究には力を入れました。エントリーシートは本当に時間をかけて作成し、添削して頂きました。何度も何度も考えてはやり直し、あの時自分自身と真正面から向き合うことができたからこそ、選考でもあれだけやってきたのだから大丈夫!と、自信を持って臨むことができました。

4月から本格的に受験が始まり、内定を頂くまでは本当にあっという間でした。私は就職活動は航空業界一本と決めており、一般企業は一つも受験しませんでした。ですので、CAはもちろんGSも全国各地募集が出るとエントリーシートを出すという状況が続きました。それと同時に選考も次々と進みました。選考が進むにつれ、夢へ一歩近づいていることへの嬉しさと、このまま進んでも大丈夫なのだろうか、という不安に潰されそうになりました。そんな不安をいつも解消していただいたのが、丁寧に時には厳しくご指導いただいた面接トレーニングでした。「レッスンをするたびに前回よりもよくなっているわよ。あなたのその笑顔なら大丈夫」と励ましていただくと、とても自信が持てました。最終試験は本当に緊張しており、試験会場に着くまで今まで先生から送られてきた応援メールを何度も読み返しました。先生からのメールは、最後に背中を押してくれる私のお守りのようなものでした。

実は私は第一志望の会社の選考で失敗をしてしまい、あの悔しさは今でも忘れられません。もしあの失敗を経験したときに、みえこ先生にメンタルケアをしていただいていなかったら私は絶対今回の内定をいただけてなかったと思います。私の気持ちを親身になって聞いて下さったので、気持ちを切り替え前に進むことができました。

エアラインクラブえひめに通い、社会に出る前に身につけていなければならないことや、人として大切なことをたくさん学ぶことができました。特に、感謝の気持ちを持つことの大切さを学びました。今の私があるのは、みえこ先生の丁寧で内定までたどり着けるすばらしいご指導はもとより、どんなときも側で見守ってくれた両親、苦楽を共に分かち合ったエアラインクラブえひめの仲間の支えがあったからこそです。人から何かされたら感謝をすることは当たり前のことですが、その当たり前のことができることが、特に接客業を目指す人には大切だと思います。私はこれからも感謝の気持ちを大切にし、みえこ先生のようにたくさんの人に夢を与えられるようなCA になれるように努力します。

CAまたはGSを目指している皆さん、最後まで諦めず、絶対になるんだという気持ちを持ち続け頑張って下さい。困ったときにはみえこ先生が側で支えてくれます。そしてエアラインクラブえひめは、皆さんの夢を分かち合える素敵な仲間にも出会える場所です。どうか最後まで夢を追いかけて走り抜いて下さい。最後になりましたが、尊敬できるみえこ先生に出会うことができ、ご指導していただき、夢だったCAへのスタートラインに立つことができたことに本当に感謝しております。ありがとうございました。

ANA CA内定 東雲女子大学 Hさん

コメントは受け付けていません。